マツダの記事一覧

燃費情報

「燃費情報」では、色々なメーカーや車種の燃費の向上に関する情報をご紹介しています。
燃費を向上させる製品を「車種別」にカテゴリー分けしていますので、愛車に適した燃費の向上方法を調べることができます。

1995年式 マツダ ボンゴフレンディ SGL3 2499cc 4AT ディーゼルターボ

愛車情報
1995年式 マツダ ボンゴフレンディ SGL3 2499cc 4AT ディーゼルターボ
満足度
90点
燃費向上率
平均9.2km/Lが10.1km/Lに約10%燃費が向上
商品名
AIR GOO(空気添加剤)
メーカー
AIRGOO
購入方法
知り合いの整備工場でお試し使用
グッズ種類
その他
使用感等
基本的には、タイヤに入れるエアーです。
本当に入ったのかどうかよく分からないような製品ですが、要約すると、「(建材のタイルセラクリーンのように)セラミックが浸透し、タイヤのゴム部やホイールの性能を向上させる」ということのようです。
一見すると大いに胡散臭いですが、高層ビルの外壁などに使われる成分と同様のものなのかもしれません。
広告には、このように書かれています。
『【注入後の変化】
●3〜4日間位タイヤが固くなるため、ゴツゴツ感・タイヤノイズが出ます。(セラミックが浸透している証拠です)
ゴツゴツ感、タイヤノイズはタイヤメーカーによって異なります。
●セラミックがタイヤゴム・ホイール等に時間をかけて浸透していきます。(完全に浸透するまでに約一か月間ですが、タイヤメーカーによって異なります)
●1日1日が変化していきます。
・路面からのショックを吸収し、乗り心地が進化します。
・転がり抵抗が大幅に低減し、燃費が向上します。
・直進安定性・コーナーの追従性、悪路での走破性などあらゆるシーンで威力を発揮します。
・雨の日などの、ぬれた路面でも吸い付く感覚が味わえます。
・高速道路での車線変更が今まで以上にスムーズな動きが味わえます。
●1か月過ぎて再度注入するとベストです。又は1年に1度注入をお勧めいたします。
●エアーが減った場合は、通常のエアーを足してください。
●窒素ガスとの混合も問題ありませんが効果を体感しづらいためオススメはしておりません。』
結論をいうと、燃費は9.2km/Lから10.1km/Lに向上しました。
この点だけでも、大満足です。
また、走行性能についても、印象的な変化がありました。
普段はミニバン用タイヤを使っており、タイヤ自体のふらつきには不満を持っていませんでした。実際、もともとパワフルな車のため、高速での直進性能は優れていました。
一方で、加速や車線変更・カーブでのレスポンスの悪さがあったことは否めません。
しかし、こちらの商品を投入したことでそこに少し硬さが加わり、レスポンスが大幅に向上して、スポーティな印象になりました。
これらの効果と燃費向上は必ずしも一致しないので、不思議な気持ちです。
ただ、間違いなく、満足したことは事実です。

タグ

2019年4月22日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:マツダ

2013年式 マツダ アクセラ スポーツ 1.5S

愛車情報
2013年式 マツダ アクセラ スポーツ 1.5S
満足度
98点
燃費向上率
18.5km/Lが18.5km/Lで変化なし
商品名
NEW GTK-III h/HSP(2枚組)
メーカー
GTKファクトリー
購入方法
燃費一番プレゼント
グッズ種類
その他
使用感等
以前プレゼントで頂いたGTK-III h/HSPをエンジンヘッド(吸気側、排気側)に各1枚ずつ装着済だった影響かどうかは解りませんが、今回、プラグホール間へ追加装着した2枚は、燃費向上の効果は確認できませんでした。
しかし、アイドリングストップからのエンジン再始動時の振動がほとんどなくなった効果は確認できました。
ドン!と始動するのではなく、角が取れた感じの再始動です。

タグ

2019年4月6日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:マツダ

2018年式 マツダ CX-5 KFEP

愛車情報
2018年式 マツダ CX-5 KFEP
満足度
80点
燃費向上率
平均11.6km/Lが12.1km/L、約5%向上
商品名
GTK STAGE01 – 三種の神器
メーカー
GTKファクトリー
購入方法
インターネット通信販売で購入
グッズ種類
その他
使用感等
フィルターはエアクリに、Pクリップはフューエルホースに、GTK-III HSPはエンジンヘッドに装着。
静粛性は変わらず。トルクアップは確かに感じられます。
燃費向上に関しては、冬で暖機運転が長くなってるにもかかわらず、5%ほど改善です。

タグ

2019年4月1日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:マツダ

2015年式 マツダ デミオ 13S

愛車情報
2015年式 マツダ デミオ 13S
満足度
80点
燃費向上率
乗り方にもよるが平均14.0km/Lが、14.1km/Lに向上していると思われる。
商品名
アーシングケーブル
メーカー
ノーブランド
購入方法
ネットショップ
グッズ種類
点火系
使用感等
既製品にカットされたケーブルを設置する場所を考えながら、バッテリーのマイナス端子からスタートさせて、エンジンルーム内を各アースポイントへ繋げながらバッテリーマイナスへ戻すという感じで施工。
取り付けた直後はアクセルが軽くなった感じがして、踏み込みに対してリニアに反応するようになった。
またオーディオに関しても、若干深みのある感じに聴き取れるようになった。
燃費に関しても乗り方にもよるが、1%〜2%位は上がったように感じる。
見た目も赤ケーブルを使ってるので、エンジンルーム内が華やかになった。
デメリットと言えば、エンジンブレーキの効きが悪くなったような気がする。

タグ

2019年3月25日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:マツダ

2018年式 マツダ CX-8 プロアクティブ 2200cc ディーゼルターボ 6AT FF駆動

愛車情報
2018年式 マツダ CX-8 プロアクティブ 2200cc ディーゼルターボ 6AT FF駆動
満足度
90点
燃費向上率
燃費向上グッズではありません
商品名
ナノテクイオンヒューズ
メーカー
GTKファクトリー
購入方法
燃費一番プレゼント
グッズ種類
その他
使用感等
メーカーオプションのBOSEサウンドシステムを搭載していて、音のまとまり感には満足していたのですが、逆に言うと少しぼやけた感じの音質でした。
そこで、BOSEシステムに関係するエンジンルーム内のヒューズ3か所をナノテクイオンヒューズに交換したところ、まとまり感はそのままで音がくっきりとした感じに変化しました。
お値段も安く、ヒューズ交換するだけというお手軽さで、変化を実感できますので思っていたより良かったです。

タグ

2019年1月5日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:マツダ

2006年式 マツダ MPV LY3P 23T FF 2300cc ターボ

愛車情報
2006年式 マツダ MPV LY3P 23T FF 2300cc ターボ
満足度
89点
燃費向上率
街乗りで7km/L前後であったものが、年間平均で8km/L弱に
商品名
エナジーボックス type-R
メーカー
サードテクノロジー
購入方法
ノウハウのある電装屋さんにて取付
グッズ種類
その他
使用感等
車両にもよりますが、バッテリー端子に付けるケースが多いです。
ただし本当の性能を発揮させたいのであればポン付けではダメで、きちんと取り付けられるショップに行く筆意用があります(情報は後述)。
メリットは、トルク・吹け上がりともに向上し、走行性能は体感上非常に向上します(パワーチェックなどはしていない)。
またアクセルの踏み込み量が明らかに減少するので燃費も向上します。
デメリットとしては、車両によって効果の量というか効き具合が異なるのと、効果が発揮されるまではむしろ悪化する傾向がみられることです。
ただしひとたびエージングが終了すれば、安定した効果を発揮します。
また絶対値としての価格が高いことです。3万円を超えます。
しかし過去にいろいろなチューニングを試しましたが、これほど車両のポテンシャルを発揮させるアイテムには出会ったことがありません。
ROMチューンもビッグスロットルもマフラー交換も、皆戻してしまいましたし、効き代としてはどれも及びません。
一番の問題は、きちんと取り付けるためのノウハウを持ったショップがほとんど存在せず、バッテリー端子に複数取り付けを推奨するような異常なところもあるほどです。
なお、バッテリー端子に複数個付けすると付けた数だけ効果が低下します。
必要な情報なので開示しますと、ここには絶対行ってはダメです。私は2つ売りつけられて、結局何も効果を出すことができませんでした。
http://www11.plala.or.jp/point-up/shop.htm
行くべきは以下です。一つだけでも効果を発揮することに成功しています。
もし興味がある方は問い合わせしてみてください。
https://www.navitime.co.jp/poi?spt=00011.020698776(ホームページはないので、連絡先だけ)

タグ

2018年12月31日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:マツダ

マツダ アクセラ スポーツ 22XD AT 4WD

愛車情報
マツダ アクセラ スポーツ 22XD AT 4WD
満足度
100点
燃費向上率
14.0km/Lから15.5km/L
商品名
パワーモジュール M8
メーカー
ランドマスター
購入方法
公式ホームページから購入
グッズ種類
オイル添加剤
使用感等
バッテリーマイナス端子に接続するだけです。
元々は、バイク関連で有名な商品で、BMWディーラーなどでも取り扱いがある商品のようです。
静電気を除去する装置ですが、非常に効果が高いと思います。
値段が値段だけに、燃費では元は取れないでしょうが、走行フィーリングが激変します。
アルミテープチューンで効果を感じている方であれば、間違いなく変化にびっくりすると思います。
原理も科学的に実績のある除電方法ですし、信頼性は高いです。
車意外にも、バイク数台にも搭載していますが、ハンドルの振動が減るなどの副次効果でも直ぐにわかります。
外して数日経つと、嫁が「振動増えたけど調子悪いのかな? 」などと言うほどです。

タグ

2018年12月5日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:マツダ

2013年式 マツダ アクセラ スポーツ 1.5S

愛車情報
2013年式 マツダ アクセラ スポーツ 1.5S
満足度
100点
燃費向上率
平均18km/Lが18.5km/Lに向上。約2.8%燃費が向上
商品名
カオスN-Q90/A2
メーカー
パナソニック
購入方法
インターネット通信販売
グッズ種類
その他
使用感等
アイドリングストップ時間の延長の他に、オルタネーターの充電動作に大きな変化がありました。
ノーマルバッテリーの頃は、30分程度走行すると充電制御が始まり、減速時以外は、発電を停止して無負荷状態になっていました。
また、低速時もギクシャク感が改善されました。
カオスへ変更後は、10分程度の走行で無負荷状態へ移行するようになりました。
バッテリーへの電気の出し入れ性能が向上したおかげではないかと思います。
大きな電流の出し入れを行っている感じです。
電圧は、OBD2からの情報を読み取っています。

タグ

2018年12月1日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:マツダ

2018年式 マツダ CX-8 2200cc プロアクティブ 6AT FF

愛車情報
2018年式 マツダ CX-8 2200cc プロアクティブ 6AT FF
満足度
80点
燃費向上率
13.0km/Lが13.0km/L、今のところほぼ変化なし
商品名
ディーゼルウェポン
メーカー
サプライズサプライズ
購入方法
インターネット通販で購入
グッズ種類
燃料添加剤
使用感等
使い方は軽油50Lに対し30ccの比率になるように投入。
セタン価が3上がり、昔あったプレミアム軽油相当になります。
500ccで16回程度投入でき、購入価格は2200円なので、他社の燃料添加剤よりはコスパが良いと思います。
燃費に目立った向上はありませんが、エンジンのざらつきが減ったというかエンジン音が静かになりました。
燃焼効率が上がり、エンジン内の煤堆積が減ることで、DPF再生頻度の減少も期待していますが、これについては継続調査中。
徐々にDPF再生距離が伸びております。
投入には注射器などが無いと、こぼれそうなのが難点です。

タグ

2018年9月10日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:マツダ

2008年式 マツダ アクセラ スポーツ 15F

愛車情報
2008年式 マツダ アクセラ スポーツ 15F
満足度
80点
燃費向上率
満タン法ですが変化無し
商品名
Air(Ultima) ×2ヶ
メーカー
イーテック
購入方法
燃費一番プレゼント2018年3月度
グッズ種類
その他
使用感等
エアクリーナーボックス上部に貼りつけました。
燃費は満タン法ですが、変化が無い様に感じます。
ただ、始動性やエンジンの吹けが良くなった様な感じがあり不思議な感じです。
あと、マフラーからしばらく水蒸気と若干水が出るようになりました。

タグ

2018年5月8日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:マツダ