フィアットの記事一覧

燃費情報

「燃費情報」では、色々なメーカーや車種の燃費の向上に関する情報をご紹介しています。
燃費を向上させる製品を「車種別」にカテゴリー分けしていますので、愛車に適した燃費の向上方法を調べることができます。

2012年式 フィアット アバルト 500C FF

愛車情報
2012年式 フィアット アバルト 500C FF
満足度
90点
燃費向上率
平均10.3km/Lが11.0km/Lに向上(約6%向上)
商品名
オービトロンFFS エンジンオイル添加剤(高粘度タイプ)
メーカー
株式会社ランドマスター・ジャパン
購入方法
燃費一番プレゼント
グッズ種類
オイル添加剤
使用感等
オイル量3リッターに対し、半分の50mlを投入。
エンジン音に変化はないのですが、回転が滑らかに感じます。
驚いたことに、投入後約3ヶ月の間、全開走行を繰り返したにもかかわらず、燃費が落ちるどころか、向上しています。
このことから、体感が出来ずとも、効果はあると思われます。
相乗効果として、ボディー側面の汚れも少なくなっているようです。(静電気中和効果?)
ただ、オイル交換時に都度、投入となれば費用は、嵩む事になるので、もう少し安くしてほしいです。(よって90点)

タグ

2015年6月11日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:輸入車

2004年式 フィアット ムルティプラ(MULTIPLA) 1.6ELX

愛車情報
2004年式 フィアット ムルティプラ(MULTIPLA) 1.6ELX
満足度
90点
燃費向上率
短い期間なのでどれだけ燃費の向上してるかは?
商品名
燃費博士
メーカー
ISHIDA R&D
購入方法
燃費一番プレゼント
グッズ種類
その他
使用感等
とにかく燃費が気になるようになりました。
どのように走れば燃費がイイのか…あぁ、この回転数までは燃料がカットされているんだな…と、手にとるように分かります。
画面も大きく見やすいです。が、画面(と本体)が大きい分ゲームボーイアドバンスを何処に置くかを悩みます。
取り付けは悩むまでも無く超簡単でした。

タグ

2010年3月16日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:輸入車

2003年式 フィアット プント ELX ECVT

愛車情報
2003年式 フィアット プント ELX ECVT
満足度
90点
燃費向上率
高速下り勾配で19.0km/L、特に変化無し
商品名
DXpower 10W-40
メーカー
ZERO CORPORATION
購入方法
本サイトにて当選
グッズ種類
オイル
使用感等
当選させていただき感謝しております。
運悪くオイル交換した翌週に当選と相成りました。
今まで\1000/L以上のオイルを試したことがなく、あまりの誘惑に年甲斐なく悩みました。
結果、交換した新油はフラッシングであったと解釈し、改めて頂いた高級オイルに交換としました。
フィルター交換を行わなかったため使用量は2.8L程度、残りは予備として密閉容器に入れて補充用に保管です。
市街地のテスト走行は可もなく不可もなくといった感じだったのですが、高速に乗るとエンジンの重苦しさ・抵抗感を顕著に感じました。
中央高速下り線(富士に向かって上り勾配)では15km/L(標準装備の燃費計)に届かず、通常の2割くらいの燃費ダウンとなりました。
しかし距離を走るにつれ重さが徐々に取れていく感触です。300kmくらいの走行後でしょうか、中央高速上り線(東京に向かって下り勾配)にて19km/Lを記録しました。
ただしこれはバーゲンオイルでも記録していますので、さほど感動する数値ではありません。
なかなか目に見えない保護性能が高いのでは、と思っています。根拠はありません。
満タン法による燃費は15.5km/L、エアコンオフ、2名乗車、60%高速道使用です。

タグ

2006年2月6日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:輸入車

2003年式 フィアット プント ELX ECVT

愛車情報
2003年式 フィアット プント ELX ECVT
満足度
90点
燃費向上率
高速巡航で最高19.0km/Lから20.0km/Lへ5%の向上、ただし市街地では効果無し
商品名
インテークマジック
メーカー
飯島環境経済研究所
購入方法
本サイトにて当選
グッズ種類
吸気系
使用感等
当選させていただきありがとうございました。
吸気フィルターボックスあるいはパイプに外側から貼り付けるのが基本のようですが、凹凸の関係でフィルターボックス内壁に貼り付けました。
もしシールに裏表の方向性があるとしたら、取り付け間違いで効果は望めませんね。
走行に関して特別変化は感じられませんでした。
しかし東北地方の高速、一般道を1800キロほど走る機会があったのですが、燃費計(区間平均)で20.3km/Lまで伸び、満タン法では18.4km/Lを記録しました。
同時にオイル交換をしていますので純然たるインテークマジックの効果かは判りかねますが、過去最高が中央道上り線(下り勾配)の燃費計読み19.0km/Lだったことと比較しても、何らかの作用があると思われます。

タグ

2005年6月13日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:輸入車

2003年式 フィアット プント ELX ECVT

愛車情報
2003年式 フィアット プント ELX ECVT
満足度
100点
燃費向上率
市街地で14.0km/Lから15.5.km/Lへ1割の向上、高速、郊外走行で18.3km/Lを記録
商品名
MILITEC OIL RACINGPRO SL 5W40 化学合成油
メーカー
株式会社ティーエヌディー
購入方法
カー用品量販店で購入
グッズ種類
オイル
使用感等
ミリテックの効果は周知なところですが、ミリテックプレミアムが最初から配合されたオイルを試してみました。色は濃い目の飴色です。
ミリテックは比較的遅効性と聞いていますが、新油効果にまぎれてなのか私にとっては投入後即効果がでる印象があります。
今回も同様、出だしから「踏まなくても走ってしまう」感覚を味わいました。CVTの特性と相まってアクセルオフ後、異様なほどの空走をします。
2500rpm以上使うことなく60〜80km/hの流れに楽に乗れます。
車載の燃費計でも普段12〜14km/Lの市街地走行が今回は15km/Lより落ちません。
GWに東北地方の高速、一般道を走る機会があったのですが、燃費計で20.3km/Lまで伸び、満タン法では18.4km/Lを記録しました。
この効果がどのくらいまで持つかも問題ですが、新油段階では100点をつけたいです。

タグ

2005年5月9日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:輸入車

2003年式 フィアット プント ELX ECVT

愛車情報
2003年式 フィアット プント ELX ECVT
満足度
70点
燃費向上率
11km/L前後で変わらず。(市街地、エアコン使用)
商品名
SYNTRON EXTRA SJ 5W50
メーカー
CASTROL
購入方法
DIYショップで購入
グッズ種類
オイル
使用感等
新車点検後初めてのオイル交換でした。
今回は手動ポンプを使って上抜きをしてみたのですが、3L強のオイル容量に対し2.5Lを抜くことができ、割と上抜き向けなのかも?と思いました。
今回フィルターは未交換です。
イタ車に5Wのオイルはにじみの原因かもと思いましたが、新車を信じて入れてみました。
AT/CVT車のオイル交換でいつも思うのですが、非常に変化がわかりにくいと思っています。
私が鈍感なのですね。3000km程度で交換してしまうので、たいした変化がなくて当たり前なのかもしれません。
燃費にも変化は見られませんが、都内エアコン使用の条件ではやむを得ない結果かと思います。

タグ

2004年10月13日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:輸入車

2003年式 フィアット プント ELX ECVT

愛車情報
2003年式 フィアット プント ELX ECVT
満足度
80点
燃費向上率
10.0km/Lから11.6km/Lへ1割強の向上(郊外2割+都内8割、エアコン100%使用)
商品名
フェノーラ
メーカー
タカハシプロモーション
購入方法
本サイトにて当選後、車種変更のため再テスト
グッズ種類
吸気系
使用感等
形状はB5ほどのサイズのメッシュで、頑丈な網戸の網といった感じですが、やはりスロットル手前・クリーナー後という取り付け場所・方法に難があり、今回もエアクリーナー前の隙間に押し込み、自体の弾力で押さえる形で固定しました。
今回CVT車ということもあり、体感できるような違いは感じられませんでしたが、燃費の方は多少の効果が見られました。
前車でもかなりの効果が見られたので、実売価格次第では買いかもしれません。

タグ

2004年9月1日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:輸入車

2003年式 フィアット プント ELX ECVT

愛車情報
2003年式 フィアット プント ELX ECVT
満足度
70点
燃費向上率
10.0km/L前後で変化なし(郊外2割+都内8割、エアコン100%稼動)
商品名
ALLin
メーカー
PUMA
購入方法
本サイトにて当選
グッズ種類
点火系
使用感等
当選させていただきありがとうございました。
我が家には9万キロ超の106があるのでこちらをモルモットとしたかったのですが、バッテリー端子の形状が特殊で接続に加工が必要であるため、まだ新車の妻のプントに取り付けました。
エンジンヘッドへの取付はバッテリーから一番離れた補器類ベルト近くのボルトに共締めとしました。
ケーブルは柔軟で、インジケーター付きの箱も大きくは無く取付には苦労はありません。
走り出してから最初に気づいたのは、「Dレンジ+エコノミーモードでCVTのエンジンブレーキをかすかに感じる」と言う点です。
CVTはアクセルオフでATを上回る空走感があるのですが、おそらく徐々に変化するCVTのギア比の抵抗感を感じ取れたのではないでしょうか。
これはメリットというより体感変化ですね。装着前は感じない部分でした。
燃費はエアコン稼動+都内ということもあり低空飛行を続けていますが、ALLinを装着したことによる向上には至りませんでした。

タグ

2004年8月23日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:輸入車

2003年式 フィアット プント ELX ECVT

愛車情報
2003年式 フィアット プント ELX ECVT
満足度
90点
燃費向上率
16.8km/Lから17.4km/Lへ3%強の向上(高速6割+郊外4割、エアコン2割ほど使用)
商品名
起爆水
メーカー
すばるメディア(株)
購入方法
本サイトにて当選
グッズ種類
その他
使用感等
モニター当選させていただきありがとうございました。
東京-長野白馬間を走る機会がありましたのでテストを行いました。
プントは国産車のようなラジエーターキャップが無く、リザーバータンクへの投入の他に方法がありません。
冷えている状態でLOWレベルぎりぎりだったので、クーラントを抜かずそのまま投入しました。
冷却水を2、3度暖気冷却を繰り返せば循環すると思われます。
運転していて体感できるような違いは感じられませんでした。
しかし標準装備の燃費計は往路中央高速登り勾配で18.2km/L、空いた郊外で18.6km/Lを指し、復路の中央道下り勾配では19.0km/Lを記録しました。
先日東名高速利用の長距離走ではエアコン未使用で18.0km/Lがせいぜいでしたので、多少なりとも効果はあるようです。
燃費計は過去数十分の平均燃費値のようです。正確ではないかもしれませんが比較には使えそうです。
満タン法の比較では長距離走行時のみの比較ですが、前回16.8km/Lから今回17.4km/Lの向上となっています。
まだ誤差範囲の数値ですが、もうしばらく静観する必要があるかもしれません。

タグ

2004年6月7日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:輸入車

2003年式 フィアット プント ELX ECVT

愛車情報
2003年式 フィアット プント ELX ECVT
満足度
40点
燃費向上率
16.3km/L 特に向上は認められず(エアコンOFF)
商品名
PXBio
メーカー
エルステップ
購入方法
通販で購入
グッズ種類
燃料添加剤
使用感等
GWに東京-紀伊半島間を走る機会がありましたのでテストを行いました。
本品は100ccの小さなボトルで、キャップ部に折りたたみ式の注入口がついています。
普通の給油口からの注入であれば、量を気をつければ簡単だと思われます。
が、外国車の一部はスプリングで閉じられた内蓋がついており、注入のために市販のスポイトで内蓋を押し開きながら注入する手間をかけました。
注入量は初回のため多目の1/4000を注入後、ガソリンを満タンに給油しました。
以降は1/10000の微量でよいそうです。
燃費結果ですが、往路500km(内高速道6割、行程中渋滞なし)を平均15.3km/L、復路650km(内高速道5割、行程中渋滞なし) を平均16.8km/Lとなりました。
正直なところPXBioによる効果は感じられませんでした。力の出方も特に変化なく少し残念です。
今回はかなり走行条件はよく、18km/Lオーバーを期待していたのですが、2名乗車と山間部走行がマイナス要因かもしれません。高速路も80〜120km/hで平均95km/hといった運転でした。
東京中心の関東を走っているときは12〜14km/L、最高17.4km/Lでしたので、長距離走ではもう少し伸びてほしかったと思います。
本品やC-3000のように微量を給油口に投下する商品は、タンクに到る途中で何割かパイプ壁に付着してしまってガソリンと上手く混合できていないのではないか?と勘ぐってしまいます。
ガソリンにあらかじめ溶かして給油というのも危険で現実的ではありませんし。

タグ

2004年5月28日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:輸入車