TuneChip(チューンチップ)の記事一覧

燃費情報

「燃費情報」では、色々なメーカーや車種の燃費の向上に関する情報をご紹介しています。
燃費を向上させる製品を「車種別」にカテゴリー分けしていますので、愛車に適した燃費の向上方法を調べることができます。

2008年式 ホンダ ライフ Diva ターボ 660cc ターボ 4AT 4WD

愛車情報
2008年式 ホンダ ライフ Diva ターボ 660cc ターボ 4AT 4WD
満足度
100点
燃費向上率
燃費向上グッズではありません
商品名
チューンチップ
メーカー
イーテック
購入方法
昔購入したものを再利用
グッズ種類
その他
使用感等
昔購入したBLBを分解して中身を取っておいたものの再利用。
目的は猛暑への対応としてエアコンの冷え改善とパワーロス低減。
コンプレッサーのおしり、プーリーの反対側に両面テープで貼りつけ、アルミテープで脱落予防。
エンジンをかけてエアコンONにすると、駐車中にも拘わらず冷風がすぐ出てくるのにびっくり。
日向で大汗かきながらの作業だったので冷気に敏感なのかな?と思ってエアコンボタンを押してコンプレッサーを止めると、ぬる〜い不快な風。
エアコンの冷えはまぎれもなく向上しており、走行中にはLO設定では寒いほど新しいチップは購入していませんが、未だに活用方法があるのはうれしいところ。
今の最新のエナジー封入した専用チップがあれば、もっと効果があるかもしれません。
家のエアコンにも効くのかな、と欲が出てきました。

タグ

2018年7月20日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:ホンダ

BMW F34 GT

愛車情報
BMW F34 GT
満足度
30点
燃費向上率
変化なし
商品名
Center-X102
メーカー
E@Tech
購入方法
燃費一番プレゼント
グッズ種類
その他
使用感等
Center-X102をセンターコンソールの真ん中、縦に設置し、毎日30キロ弱走っていますが3か月ほど様子を見たところ燃費やパワーの変化はありませんでした。
エンジン音や振動にも特に変化は感じられませんし、アクセルワークも変化なし。
他の場所にも設置できるようなので今月中にやってみたいと思っています。
ただ乗り心地が若干フワフワしている様に感じられます。
スポーツタイプのショック&サスペンションなので、高速は乗りにくい感じがします。
一度片道の高速走行でフワフワ感を感じたので、帰りは外してみましたが、明らかに違いがあり、装着走行は高速ではしないようなしています。
かなり固めのショックアブソーバーならよいかもしれませんね。

タグ

2018年5月4日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:輸入車

2013年式 トヨタ タウンエースバン GL 1500cc 4AT 後輪駆動

愛車情報
2013年式 トヨタ タウンエースバン GL 1500cc 4AT 後輪駆動
満足度
100点満点
燃費向上率
燃費向上グッズではありませんが、約5%燃費が向上しました
商品名
Center-X198
メーカー
イーテック
購入方法
イーテックさまからのプレゼント
グッズ種類
その他
使用感等
大原@イーテックさんからのプレゼントで入手しました。
先のCenter-X102モニター投稿がきっかけで、今度は大原さんの自信作といわれるCenter-X198が郵送されてきました。
「これは中途半端な気持ちでモニターできないなぁ」
と、思いきやそれは杞憂でした。開封した2か月後の現在、ストレート感想でモニター投稿できるからです。
「Center-X198は燃費向上グッズにあらず」と明記されているにもかかわらず、マイカーのタウンエースバンは、ちゃんと燃費向上していました。
●装着位置
TuneChipデビューのCenter-X102がセンターコンソール真後ろのフロアマット下に設置されているので、本品はクルマの中心線上である、運転席と助手席の中間位置のフロアに設置。
「本品は、水平かつ長手方向をクルマの長手方向と同じにするのが好ましい」
と、大原さんからアドバイスをいただきました。
●装着後の大きな変化
Center-X198装着後の最大の変化は、パワーステアリングが重くなったこと。
エンジン回転数感応式パワステなら、高速走行で若干、ハンドル操作が重くなります。が、本品装着後は日常運転のハナから重いので、肩がコッてきました。
運転操作の変化に戸惑い、本品の設置位置を一時、変更。しばらくして、パワステが重く感じる最初の位置に戻しました。
その理由は、高速走行時に安定感があって、運転が楽ちんだから(笑)。
肩こりにも慣れました。
●燃費向上
JC08モード12.2km/Lのタウンエースバンのマイカー燃費は、ガソリン混合給油法を並行して実践しての昨年3〜4月の満タン給油の合計6回の平均燃費は、11.3km/L。
Center-X198を装着した今年3〜4月の満タン給油の合計6回の平均燃費は、11.9km/L。
TuneChipは燃費向上グッズでない前提にかかわらず、昨年と同じころと比べて、約5.3%の燃費向上が結果です。もちろん体感の違いもあります。
●追記
輸入車はパワステが重いと聞きます。
現行タウンエースは、逆輸入車。
なのでCenter-X198装着により、パワステが重くなったのは、輸入車に近づく自然な流れと解釈するべきでしょうか?マイカーの装着変化の方向性は正しいと判断して、Center-X198の満足度100点!
なお、別サイトで詳細レポートを検討中。

タグ

2018年4月27日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:トヨタ

2009年式 ホンダ フィット GE6

愛車情報
2009年式 ホンダ フィット GE6
満足度
90点
燃費向上率
燃費向上グッズでありません
商品名
Tune Chip Air(Ultima)
メーカー
イーテック
購入方法
燃費一番プレゼント
グッズ種類
その他
使用感等
Air(Ultima) 2個をエアフィルターボックス上部に同じ向きに装着し、説明書通りに暖気後、レーシングしてエンジンを安定させた。
フィットGE6は、速度60kmを超えると走りの伸びが感じられイイ感じなのだが、低速・中速が非常にもたつきがあり、軽自動車や時にはトラックにさえ抜かれるほどである。
かと言って、スピードを上げようと踏み込めば、やや空回り風に回転数ばかり上がってダイレクトに走りにつながらず、その割には燃費が悪くなるという不快なCVTである。
そんなフィットGE6にAir(Ultima) 2個を装着していざ走らせてみると、確かに走りが伸びやかになった。
それは、力強さというより、ターボ的な感じの伸びやかさで、言うなれば、エアフィルターボックス上部にAir(Ultima) を装着したことで、酸素の供給がよりスムーズになりエンジンの爆発(燃え方)が効率的になったのではないか?という個人的な見解である。
ただ、もたつきが軽減し、走りが伸びやかになったことで、逆に燃費はほんの少しではあるが悪くなってはいる。
しかし、少しでも、愛車の走りを良くしたいのであれば、このAir(Ultima) は試してみる価値はあると思う。

タグ

2018年4月16日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:ホンダ

2012年式 ホンダ フィット ハイブリット 1300cc FF

愛車情報
2012年式 ホンダ フィット ハイブリット 1300cc FF
満足度
100点
燃費向上率
15.3km/Lが18.1km/Lに向上。約18.3%燃費が向上
商品名
Air(Ultima)4枚組
メーカー
イーテック
購入方法
燃費一番プレゼント
グッズ種類
その他
使用感等
初代フィット・ハイブリッドです。
家族のクルマになります。街乗り専用車。高速道路は、ほとんど乗らないです。
エアフィルターへの取り付けですが、側面を避けて上面に4個を全て同じ向きになる様にしました。
裏面の両面テープ剥離紙を剥がして貼り付けです。
感想ですが、
(1) トルクが、ず太くなった!
街乗りオンリーですが、今まで時速40km〜時速50km程度で、廻りの巡航速度に合わせる走行では、アクセルの微調整が常に必要で、ラフなアクセル操作は皆無でした。
トルクの細さが原因だったからか、常に右足を動かしている印象でした。
自分が乗用している「アルファード2400cc」に比較しても、右足の動作回数が多かったです。
フィットへ「Air(Ultima)」を付けた後は、全域でトルクが厚くなりました。
特に一番使用する1000〜1500回転辺りのトルクが厚く太くなり、良い意味でラフなアクセル操作で街乗りが出来るようになりました。
かなりのストレス負担減です。
素晴らしい!
(2) 水飛沫(しぶき)に驚き!
吸入した外気に作用させて、ガソリンとの完全燃焼に近付いた証拠なのでしょうね。
あんなに沢山の水飛沫が出たのが驚きでした。
(3) 燃費にも変化あり!
家族がメインで使用してるために、自分と違って燃費に特化した使い方をしていません。
暖気を20分くらいしてから出掛けたりしてるし。
こんな使い方のクルマで、トルクが厚く太くなって乗りやすくなり、燃費も向上するなんて、凄過ぎるよね!
純正燃費メーターで、取り付け前に282.3km走行、15.3km/Lだったのが、取り付け後に276.3km走行して、18.1km/L。
ざっくり、18.3%の燃費向上になりました。
昔からホンダ車は、燃費向上グッズ効果が期待出来ないメーカーだと言われてました。(理由は判りませんが)
そのホンダ車が、このような目に見えた違いを出すなんて!
凄い商品だと思いました。
以上が、モニターさせていただいた感想です。
とても素晴らしい商品をモニターさせていただきまして、感謝いたします。

タグ

2018年4月8日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:ホンダ

2013年式 トヨタ タウンエース バン GL 1500cc 4AT 後輪駆動

愛車情報
2013年式 トヨタ タウンエース バン GL 1500cc 4AT 後輪駆動
満足度
100点満点
燃費向上率
燃費向上グッズではありません
商品名
Center-x102
メーカー
イーテック
購入方法
燃費一番プレゼント
グッズ種類
その他
使用感等
燃費一番プレゼントで当選しました。
大原さん。スーパーてつさん。ありがとうございます。
Centre-x102装着後、一週間が経過しましたが、予想以上の体感や効果が得られています。
愛車は、箱バンのタウンエース。乗用車のミニバンのような快適装備のない、物を運ぶ目的の商用車で、現在の走行距離は6万km弱。商品装着翌日の早朝スタート直後、Tune Chip効果をはっきりと体感しました。
たとえて言えば、
『幾分くたびれた(疲れた)感のある中古車が、車検工場できちっと要所々々を増し締め調整されて帰ってきた直後に運転した時のフィーリング』。
アルファードより3mm高い車高1900mmで、室内空間の大きな箱バンだから、ことさらクルマの車体剛性アップがわかったのかもしれません。
となればTune Chipは、商用車向きかも?
●装着位置
取扱い説明書に従い、シンメトリカルな車体中央位置でクルマの進行方向と商品の長手方向を同じに。センターコンソール真後ろのフロアマットをはぎ取り、本品を添付の両面テープで固定しました。
●車体剛性感
エンジンルーム内のタワーバーのロングサイズのようなものを、室内に組み込んでみた感じの走行安定感があります。
それまでのハーシュネス(路面からの突き上げ感やガタピシ感)が軽減。
●FMラジオ受信
タウンエースのAM/FMラジオ受信用ロッドアンテナは、Aピラーに収納されています。車高が高いクルマなので、アンテナが長いと車庫の天井に当たります。
よって20cmくらいしか伸ばしていません。
車庫内でFM放送を聞くとノイズが時折、入っていたのですが、Centre-x102装着後、それがなくなりました。
これは不思議。
●ステアリング装置
ステアリングホイルを握ったときの若干のフニャフニャ感がなくなりました。
ボディにステアリングユニットが、カチッと固定されているフィーリングです。
●燃費
Centre-x102は、直接、燃費向上に働きかける商品ではありませんが。
しかし、走行中のボディのバタツキを抑え、タイヤが確実に駆動力を路面に伝達していると考えると、高速走行やロングドライブでは、測定誤差3%以上の燃費向上が得られると思います。
時期をみて詳細レポートを検討中。
●追記
Centre-x102が磁力線発生で効果が現れる商品ならば、地場ゼロ地帯で有名な分杭峠でテストしたらどうなるかとイジワルな計画を考えました。
が現在の分杭峠はマイカー乗り入れが困難なので、断念(笑)。
<メーカー様からのコメント>
すばらしい内容のインプレありがとうございます。
チューンチップCenter-Xシリーズにはマグネットなど磁力線を出す物質は使っておりませんです。 はい。
磁力線を応用するともっと遠方へエネルギー伝達できると思います。
ですが、コンソールボックスに入れて使用すると、磁気カードへの影響などがあるため使用しておりません。

タグ

2018年2月19日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:トヨタ

2011年式 マツダ デミオ 13C-V 1300cc CVT FF

愛車情報
2011年式 マツダ デミオ 13C-V 1300cc CVT FF
満足度
70点
燃費向上率
燃費向上グッズではありません
商品名
Center-X102
メーカー
イーテック
購入方法
燃費一番プレゼント
グッズ種類
その他
使用感等
Center-X102をセンターコンソールの真ん中、縦に設置し、通勤の往復20キロメートル程を数週間なるべくいつもと同じように走行してみました。
感覚が疎いのかエンジン音や振動に特に変化は感じられなく、アクセルの感じも特に変化を感じることはなく、いつも通りの感じの走行でした。
他の所にも設置してトライ&エラーをしていきたい。
燃費向上グッズではないので燃費は変わらず。
プレゼント有難うございます。

タグ

2018年1月2日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:マツダ

2017年式 スズキ スペーシア X 660cc NA CVT FF

愛車情報
2017年式 スズキ スペーシア X 660cc NA CVT FF
満足度
100点満点
燃費向上率
平均19km/Lが21km/Lに向上
商品名
X-Dimension(Engine)
メーカー
イーテック
購入方法
燃費一番様プレゼント当選品
グッズ種類
その他
使用感等
2010年頃プレゼントにて頂戴し、前車ライトエースノアに使用しておりましたものを移植致しました。
エンジンヘッドのほぼ中央にひとつ、CVT上部にひとつ、両面テープで貼付けました。
もともと出足の良いだった事もあり、大幅にパワーが上がった様には感じられませんでした。
乗り心地や静粛性も若干静かになったかなあ?と感じる程度で大きな変化は感じられません。
それでも燃費計の数値は同じ道を走ってても伸びており、燃費は確実に向上しているのが不思議です。
頂いてから7年、まだまだ効果を保ってくれているのも嬉しいところです。

タグ

2017年12月29日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:スズキ

2002年式 スバル フォレスター XT 2000cc ターボ 4WD 4AT

愛車情報
2002年式 スバル フォレスター XT 2000cc ターボ 4WD 4AT
満足度
100点
燃費向上率
燃費向上グッズでありません
商品名
チューンチップ CAシリーズ
メーカー
イーテック
購入方法
イーテック様 ホームページより モニターで
グッズ種類
その他
使用感等
車輛がSUV系で車高が高めのため、ロールが大きめなのと、荒れた路面で乗り心地が悪いため、イーテック様のホームページを見て興味をひかれ、モニターで商品を入手できました。(大原様、ありがとうございます。)
装着後は、まず上下のあおりが少なくなり、段差の乗り越えなどでゆすられたときにすぐに収まります。(伸び側が特に良くなった)
乗り心地は、路面の継ぎ目等で「ドンドン」が「トントン」になり、ロールもほとんどなくなりました。
あと、エンジン回した時の音が小さくなったようです。 高速での直進安定性も良くなりました。
全体の印象としては、ショックアブソーバーを新品入れ替えたような感じかな。
ただ、エンジン音まで静かになるのはなぜでしょうか?
小さいチップで、このような効果があり、びっくりです。
ショック入替のコストと比べると、コスパはかなり高いですね。
燃費につては、特に変化はありませんでした。
自分としては結果に大変満足しています。
今後はイーテック様の他の商品も設置する予定です。

タグ

2017年12月28日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:スバル

2015年式 マツダ デミオ DJ3FS 1300cc 6AT FF

愛車情報
2015年式 マツダ デミオ DJ3FS 1300cc 6AT FF
満足度
80点
燃費向上率
燃費向上グッズでありませんが17.5km/L→16.2km/Lに減少
商品名
Center-X102
メーカー
イーテック
購入方法
燃費一番プレゼント
グッズ種類
その他
使用感等
アームレスト内に長手方向を車の前後方向に合わせ設置してみました。
(1) 挙動
5日程度経過後乗ってみると、リアタイヤの挙動が伝わってきました。
ボディの軟弱さで隠されていた部分の振動などが見えてしまった感じです。
サスペンションには特に変化は感じられませんでした。
(2) 燃費
全体にボディ剛性が高くなった様な感覚が有り、山道下りなどでいつもよりペースが上げれるため燃費が残念なことに減少してしまいました。
(3) 縦横入れ替え
その後、横方向に置き換えて設置したところ、ほとんどノーマルの状態に戻ったため、また前後方向に設置し直し、現在に至ります。
(4) その他
オーディオの音質はなど特に変化が感じられませんでした。
(5) 今後
アームレストではなく、他の場所に設置してみて使用してみたいと思っています。

タグ

2017年12月12日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:マツダ