NBOXの記事一覧

燃費情報

「燃費情報」では、色々なメーカーや車種の燃費の向上に関する情報をご紹介しています。
燃費を向上させる製品を「車種別」にカテゴリー分けしていますので、愛車に適した燃費の向上方法を調べることができます。

2012年式 ホンダ N-BOX カスタム 660cc NA車 CVT 前輪駆動

愛車情報
2012年式 ホンダ N-BOX カスタム 660cc NA車 CVT 前輪駆動
満足度
100点
燃費向上率
平均16.0km/Lが17.5km/Lに向上。約10%燃費が向上
商品名
快速チップ
メーカー
株式会社柳井魚市場
購入方法
友人から貰いました
グッズ種類
その他
使用感等
快速チップを友人から頂き、早速NBOXカスタムにラジエター・リザーブタンク内に快速チップがしっかり全体が浸かるように入れて、付属の針金を落ちないようにリザーブタンクの蓋で固定しました。
時間にすると確認時間を入れても3分もあれば十分でした。
快速チップ投入後、1日目は何も感覚及び燃費、走りなどに変化は一切感じることが出来ませんでした。
2日目から走りなどの変化は感じられないままで、燃費系のAVGの数字が、16.0km/Lから16.5km/Lに変化(走行距離は往復50km程度)。
3日目、4日目と走行距離を延ばすたびに、燃費が向上し1週間後には、17.5km/L以上の数値が出るようになりました。
急加速などはほとんどしないため、加速の向上などは体感的には感じることは無いのですが、低速から全体にトルクが向上し緩やかな坂道なども、あまりアクセルを踏み込むことなく登るように感じることが有りました。
効果は半永久的なようなので、付けて損は無いパーツではないでしょうか。

タグ

2019年4月26日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:ホンダ

2012年式 ホンダ N-BOXカスタム ターボ 660cc CVT 4WD

愛車情報
2012年式 ホンダ N-BOXカスタム ターボ 660cc CVT 4WD
満足度
95点
燃費向上率
カタログ値18.2km/Lが19.6km/Lまで向上
商品名
エレ来てる ヒューズ
メーカー
株式会社パワーハウスアクセル
購入方法
ホームページよりネット注文
グッズ種類
その他
使用感等
以前の車でも使っていましたが、N-BOXは低背ヒューズだったため使えず、改めて注文しました。
ECU、点火系、エアコン、ヘッドライト左右への投入です。
結果を言えば燃費は向上しました。
カタログ値を1割近く超える燃費が出るようになりましたが、それ以上にフィールの向上が著しいです
特に全域トルクアップしたような感じがあり、最大ブーストは変わらないのですが、一定走行ですと平坦地でも負圧で走行するほどです
それでも加速することもあるので、アクセルワークには気を付けるようになったので、余計に燃費が伸びていると思われます
マイナス点は高額な価格。
送料無料とはいえ、単価が税別8,500円は結構痛いです
ただ、ヒューズの清掃や接点回復、交換だけではこうはならなかったので効果はありますが、単純に加速性能、燃費性能を向上させたいなら別のアプローチのほうが安上がりですよね。
基礎代謝を上げて全域乗りやすくなるための投資と思ってます。

タグ

2019年2月21日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:ホンダ

2012年式 ホンダ N-BOX カスタム ターボ CVT 4WD

愛車情報
2012年式 ホンダ N-BOX カスタム ターボ CVT 4WD
満足度
95点
燃費向上率
長距離18.6km/Lが添加後18.2km/L。ただしフィール重視
商品名
メタルチューニング
メーカー
パワーハウスアクセル
購入方法
直販サイトから通販
グッズ種類
オイル添加剤
使用感等
オイル1L当たり100ccを添加するだけです。
ちょっと粘度のあるオイルで、Be-UPの添加剤ほどではありませんが結構固めなオイルです
添加後少し走行すると、明らかにエンジン音が静かになるとともに加速が良くなったのがはっきりわかります。
アクセルを軽く踏むだけでブーストが掛かるようになり、合流加速が楽に。
同じパワーハウスアクセルのマイクロフロン2や、マイクロセラのように事前混合などが不要なのもお手軽なところです。
前者パウダータイプ潤滑剤に比べ使用率が高く、結果コストが割高になるのがちょっと難点ですけど、それ以上にドライブフィールが改善されるので、運転ストレスが軽減されるのは高評価できます。

タグ

2018年12月24日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:ホンダ

2012年式 ホンダ N-BOX カスタム Gターボ 660cc CVT 4WD

愛車情報
2012年式 ホンダ N-BOX カスタム Gターボ 660cc CVT 4WD
満足度
90点
燃費向上率
燃費自体には明らかな変化はありません
商品名
マフラーアーシング
メーカー
DIY
購入方法
材料は通販で購入
グッズ種類
排気系
使用感等
N-BOXは燃費重視なのもあってか、ホンダのDOHCエンジンなのにレスポンスが悪いです。
ターボということを差し引いても、ちょっとどうかと思うくらいです。
マフラー出口パイプから平編線でアースをボディに落としてみたところ、スポーツエンジンとはいきませんがアクセルの付きが改善されました。
CVTのダルさもあって、それがそのまま走行性能には直結しませんが、アクセルON-OFF時のエンブレの効きが改善されています。
残念ながら当方の乗り方では、燃費に数値として現れるほどではありませんが、たった数百円で運転が楽しくなるなら、やった価値はあるかと思います。
吸気系の抵抗減と合わせて燃費改善できないか、今後の課題です。

タグ

2018年11月21日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:ホンダ

2012年式 ホンダ N-BOX カスタム 660cc NA CVT 前輪駆動

愛車情報
2012年式 ホンダ N-BOX カスタム 660cc NA CVT 前輪駆動
満足度
90点
燃費向上率
平均12.0km/Lが12.6km/Lに向上。約5%燃費が向上
商品名
エンジンリフレッシュ
メーカー
PITWORK
購入方法
インターネット通信販売
グッズ種類
吸気系
使用感等
まずは、施工方法ですが、スロットルボディ手前のエアーダクトからホースを挿入し、エアーダクトから二次エアーを吸わない様に隙間をテープなどで塞ぎ、エンジンリフレッシュ本体をボンネットの隙間に針金などに固定し専用のホースを接続注入開始。
回転数を約2000回転に固定し、注入。約20分くらいで中身が空になりました。注入後、10分間程度アイドリングして一度、エンジン停止。
再始動後エンジン回転を徐々に上げて、エンジン内部に残っている本剤を充分に排出します。
マフラーからは、灰色の煙が回転を上げていくたびに濃い色で出てきます。
施工終了後アイドリングが上がることも有るらしいですが、私のN-BOXは変化が有りませんでしたが、エンジンチェックランプが点灯しました。
ACC状態やON状態でアクセルを何度かバタバタと煽り、再起動後無事にチェックランプは消灯しました。
長々と施工方法を書きましたが、施工後走り出して、すぐにエンジン軽くとてもスムースに回るように感じました。
上り坂も今までよりアクセル開度が少なくても上るようになり、走りにも燃費にも効果を十分に感じました。
施工方法が簡単でもう少し安ければ定期的に施工することで、効果を徳族できるかと思いますが、施工中に臭いや煙が出ることと、専用の注入用ホースが必要なことなどでマイナス10点にしましたが、走行距離がかなり走っている車には、お勧めできますよ。

タグ

2018年8月21日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:ホンダ

2012年式 ホンダ N-BOX カスタム 660cc NA CVT 前輪駆動

愛車情報
2012年式 ホンダ N-BOX カスタム 660cc NA CVT 前輪駆動
満足度
95点
燃費向上率
15.5km/L→17.3km/L
商品名
LOOPパワーショット
メーカー
SurLuster
購入方法
インターネット通信販売で購入
グッズ種類
燃料添加剤
使用感等
チョイ乗りがメインで通勤で現在は、片道3km(往復6km)程度の距離で、速度も良く出て時速50km程度で渋滞の中走ることが多いので、燃焼室やバルブなどに付着したカーボン等の汚れ除去効果を期待して投入しました。
ループ パワーショットを投入して、高速走行 堺市〜神戸市内往復走行での平均燃費が、17.5km/L。(入れ始めてすぐの為か燃費は変化なしでした。)
ゴールデンウィーク中に堺市〜奈良市内を一般道にて往復走行での平均燃費が、17.3km/L。(投入前は、おおよそですがコンディションが良くて15.5km/L程度)
間違いなく効果が表れています、アクセルに対しての反応が良く感じられるのと、
一般道(ゴールデンウィーク中にて渋滞含む)にて、平均燃費が、ほとんど落ちていないので大満足です。
効果もすぐに体感できて即効性を私は感じることが出来ました。
また、コーティング効果もありますのでデポジットが付着しにくいらしいですよ。
マイナス5点は、短距離走行が多いので効果がどれくらい続くか不明な点でマイナス5点としました。

タグ

2018年5月8日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:ホンダ

2012年式 ホンダ N-BOX カスタム Gターボ 660cc ターボ CVT 4WD

愛車情報
2012年式 ホンダ N-BOX カスタム Gターボ 660cc ターボ CVT 4WD
満足度
50点
燃費向上率
なし
商品名
X-ICE3(スタッドレスタイヤ)
メーカー
ミシュラン
購入方法
店頭購入
グッズ種類
その他
使用感等
X-ICE2から履き替えました
一応燃費なども改善されているということでしたが、履き替えフィールも含め全然変わった気がしません。
軽サイズはX-ICE3+が出てないので仕方ないのですが、2と3、3+では燃費という視点では全く変わってないと思われます。

タグ

2018年2月19日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:ホンダ

2012年式 ホンダ N-BOX カスタム Gターボ 660cc ターボ CVT 4WD

愛車情報
2012年式 ホンダ N-BOX カスタム Gターボ 660cc ターボ CVT 4WD
満足度
100点
燃費向上率
元々燃費改善グッズではないと思います
商品名
Newスタビクリップ
メーカー
gtkファクトリー
購入方法
燃費一番様プレゼント。ありがとうございます。
グッズ種類
その他
使用感等
本品はスタビライザーの末端に装着して、ハンドリングや乗り心地の改善を図ることを目的にした製品のようです。
装着して、ステアリングが異常に軽くなったのがはっきりわかります。
夏タイヤからインチダウンしたスタッドレスにして軽くなったのですが、それを再度行ったように感じるほど。
昔のパワステはくるくる回り、今のようにフィール重視ではなかったのですが、それくらいの軽さです。
軽いからと言ってフィードバックがないわけでなく、ちゃんと今まで通りステアリングを伝わって入る路面の状態やグリップ状況は伝わってきます。
なんで?というくらい不思議な感覚です。
ロールがでかくなったわけでもないので、装着で足回りが柔らかくなったわけでもなさそうです。
ベストポジションではないだろうと思いますが、それでもはっきりわかる変化が出たことを評価して100点としました。
それと、インシュロックをひっかける溝があることも評価ポイントです。
ピークリップを3個使っていますが、燃料ホースのように直線でないものがあると、インシュロックでの固定に難渋することがあります。
逆に、ピークリップもこのタイプにしてもらえればありがたいなぁ、と思うくらいのアイディアだと思います。

タグ

2017年12月25日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:ホンダ

2012年式 ホンダ N-BOX カスタム 660cc CVT FF

愛車情報
2012年式 ホンダ N-BOX カスタム 660cc CVT FF
満足度
90点
燃費向上率
平均13.5km/Lが平均13.5km/L、燃費向上グッズでありません
商品名
メルテック ML-270 エアーコンプレッサー
メーカー
大自工業
購入方法
インターネット通販にて購入
グッズ種類
その他
使用感等
燃費向上目的では、大きな効果は出にくいと思いますが、高速走行時のバースト及びコーナーリングの安定性など安全性に関しては、タイヤの空気圧調整は大事な部分だと思います。
シガライターからの電源供給で使用でき、電源ケーブルの長さもちょうど良い長さで使いやすいですが、当然コンプレッサーが内臓されているので結構な音が出ます。
しかし、デジタル表示画面でオートストップ(設定空気圧)できるので、入れすぎなどにならずに使い勝手はよいですし、コンパクトなので車に積んでおいても邪魔になりにくい大きさです。
釘などを踏んで空気圧が低下しても、釘がタイヤに刺さっている間は急にタイヤから空気が抜けないので、ガソリンスタンドやカーショップまでの応急走行用に常備しています。

タグ

2017年12月19日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:ホンダ

2012年式 ホンダ N-BOX カスタム Gターボ 669cc ターボ CVT 4WD

愛車情報
2012年式 ホンダ N-BOX カスタム Gターボ 669cc ターボ CVT 4WD
満足度
98点
燃費向上率
燃費は雪道&スタッドレス履き替えで比較できませんでした
商品名
ムー・アタッチメント
メーカー
GCM岡山
購入方法
燃費一番プレゼント。ありがとうございます
グッズ種類
その他
使用感等
バッテリーマイナス端子にねじ止めするだけの、見た目ただのロングナットです。
しかし、これを付けて数日して走行していて、ふと違和感を感じました。
N-BOXは比較的早いうちにロックアップして燃費を伸ばそうとする制御のようで、ちょっとでも速度が一定になるとすっと回転が落ちロックアップがかかります。
その際明らかに速度の伸びは落ちますが、ムー・アタッチメントを付けてから何故かロックアップしてから、少しではありますが加速しようとします。
数度しか検証できないうちに雪が降ってしまい、スタッドレスにしたので燃費としては比較できませんでしたが、エンジンは加速したがっているように感じました。
それとバッテリー電圧が安定したのは確かです。
特にエアコンのクラッチ締結時には13.9V前後まで落ちていたのですが、装着後は14.2Vで安定しています。
特に冬場なので曇り止めとしてエアコン稼働が夏より長くなりますので、これはありがたいことです。
ホームページなどでの煽られることがなくなったというのは、煽り運転以前に加速が良くなったからでは?と思ったりもするほど発進が軽くなりました。

タグ

2017年12月6日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:ホンダ