オイルのアーカイブ

燃費向上グッズ情報

「燃費向上グッズ情報」では、色々な種類の燃費向上グッズの使用レポートをご紹介しています。
燃費向上グッズを「グッズ種類」「製品別」や「車種別」等にカテゴリー分けしていますので、目的の燃費向上グッズの使用レポートを検索しやすくしています。

RESPO K TYPE 軽自動車専用 粘弾性オイル 0W-20(3L×1缶) RESPO NBOX

グッズ種類
オイル
商品名
RESPO K TYPE 軽自動車専用 粘弾性オイル 0W-20(3L×1缶)
メーカー
RESPO
購入方法
インターネット通信販売で購入
愛車情報
2012年式 ホンダ N-BOX カスタム 660cc CVT 前輪駆動
燃費向上率
市街地走行13.5km/Lが13.8km/Lに向上、誤差範囲?
満足度
90点
使用感等
今回は、オイルエレメントも同時交換しました。
走行フィーリングですが、当然エンジンの静粛性は、向上し静かでスムーズに感じましたが、いつもオイル交換後はそのように感じます(当然劣化したオイルが新品に交換されていますから)。
交換後1000kmほど走行しましたが、フィーリングは、変わらず継続していますので、長期間オイルの劣化が少なければ次回も使用してみたいですね。
以前は、カストロールのEDGEを使用していましたが、チタン等がEDGEと今回にRESPOにも配合されているためでしょうか、大きな変化は、燃費・走行フィーリングにも感じることができませんでした。
しかし、ターボなどの過給機エンジンでは、有りませんので十分納得できるオイルだと感じますが、チタン配合などのオイルの劣化及びチタンの利点がEDGEもESPOすぐには体感できませんが、エンジン内部の保護などを考えると次回も使用したいですね。
チタン配合のオイルには、他のエンジンオイル添加剤などを混ぜても問題がなければ、他の添加剤なども試してみたいですが、少し怖いですね。

タグ

2017年9月17日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:オイル ホンダ

マツダ純正 5W-30 マツダ ステラ

グッズ種類
オイル
商品名
マツダ純正 5W-30
メーカー
マツダ
購入方法
マツダディーラーにて購入
愛車情報
2015年式 スバル ステラ 660cc CVT 前輪駆動
燃費向上率
平均18.0km/Lが17.3km/Lに低下
満足度
60点
使用感等
新車1ヶ月点検以来、スバル純正0W-20を1年半に亘り使い続けてきました。
このたび、夏場に限り粘度の高いSAE30のオイルを入れてみようと思い、マツダ純正オイルを使ってみました。
通常走行において、静粛性や滑らかさにおいて違いを感じることはなく、燃費が悪くなっただけでした。
街乗りの低負荷での使用なら、メーカー指定の0W-20で何ら問題にならないことが判りました。

タグ

2017年8月14日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:オイル スバル

e CLEAN PLUS WAKO’S ステップワゴン

グッズ種類
オイル
商品名
e CLEAN PLUS
メーカー
WAKO’S
購入方法
ネットオークション
愛車情報
2017年式 ホンダ ステップワゴン RP3
燃費向上率
平均10.2km/Lが10.5km/L
満足度
90点
使用感等
オイル交換時に新油と一緒に入れて、次のオイル交換までにエンジン内部を時間をかけて綺麗にしてくれます。
鉱物油などを入れているとカーボンやワニスなどが溜まりやすくなってしまうので、純正油は鉱物油なので化学合成油に変えたのと同時に投入しました。
入れたばかりなので効果は、これから徐々に出るので未知数ですが、エンジン音が静かになったとか燃費が良くなったなどのレビューをよく見たことがあるので、お試しで投入してみました。

タグ

2017年7月29日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:オイル ホンダ

アミックスCVTフルード DC ダイハツ ステラ

グッズ種類
オイル
商品名
アミックスCVTフルード DC
メーカー
ダイハツ
購入方法
スバルディーラー
愛車情報
2015年式 スバル ステラ 660cc CVT 前輪駆動
燃費向上率
18km/Lから17km/Lに低下
満足度
95点
使用感等
LA100S後期以降のMOVEの新車充填CVTフルードは、カタログ燃費向上のために低粘度のアミックスCVTフルードDFEになっています。
当方のLA150Fにも同じ低粘度CVTフルードが使われており、購入直後からCVTからのキンキンしたノイズが気になっていました。
そこで、粘度が高いLA100S前期までのダイハツ純正CVTフルードDCを入れて、ノイズの変化をみることにしました。
そうすると、目論みどおり、CVTからのノイズは気にならなくなり、快適に乗ることができるようになりました。
5万kmが指定交換時期ですが、それは無視して、初期に出た摩耗粉を取り除くことも考慮して、1万kmぐらいで初回交換すると良いと思いました。

タグ

2017年6月19日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:オイル スバル

ENEOS SUSTINA 0W-20 ENEOS ステップワゴン

グッズ種類
オイル
商品名
ENEOS SUSTINA 0W-20
メーカー
ENEOS
購入方法
ネットオークション
愛車情報
2017年式 ホンダ ステップワゴン RP3
燃費向上率
平均9.3km/Lが10.2km/Lに向上
満足度
90点
使用感等
このオイルはとにかくエンジン音が静かになって加速フィーリングも良く、エンジン洗浄性能が長持ちするので非常に気に入ってずっと使い続けてます。
添加剤によってはオイルが乳化したりすることもあるようなので注意が必要ですが、同じエネオスのエンジンメタルスムーザーを使ってる分にはその心配はいりません。
唯一の難点は高いです!
普通にガソリンスタンドで交換お願いすると想像以上にお値段掛かります!
でもそれだけの価値はあると思うエンジンオイルです!
一度使ってみると良さがわかるかと!?

タグ

2017年6月12日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:オイル ホンダ

Max-Gear 75W-90 ロイヤルパープル フォルクスワーゲン

グッズ種類
オイル
商品名
Max-Gear 75W-90
メーカー
ロイヤルパープル
購入方法
インターネット通信販売で購入
愛車情報
2011年式 フォルクスワーゲン ゴルフ コンフォートライン 1400cc ターボ 7DSG FF
燃費向上率
燃費変わらず
満足度
100点満点
使用感等
乾式DSGのリコールの際に、DSGフルードをディーラーで交換していただき、そこから約4万キロ走行しておりました。
しかし、冷間時にスムーズにシフトアップしなくなり、特に1速から2速へのシフトアップの際にひっかかる感じが出てきました。
DSGフルードの交換を検索していたら、乾式については自分でできるという記事をみました。しかも乾式DSGフルードは通常のギヤオイルと同じものとありました。
工賃を浮かせて、その分高いギヤオイルにしようということで、ロイヤルパープルにしてみました。
ドレンボルトが凄くきつく締めてあり、車の下に潜った状態で緩めるのに非常に苦労しました。
ただ、これさえなんとかなれば、あとはチューブを繋げて上から注入するだけなので、どうってことありません。
ちなみに、オイルの色は紫色で、いかにも効きそうな感じがあります。
交換後の感想ですが、冷間時のひっかかりは見事に解消されました。
しかも、シフトチェンジの時間も交換前よりも早くなりました。スパッと切れて、素早くシフトチェンジします。
燃費は変わりませんが、非常に満足度が高いです。
乾式DSGは故障しやすく、予防としてはDSGフルードを交換するくらいしかないと言われているので、安心感もあります(それでも故障しやすいと言われてますけど)。

タグ

2017年6月1日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:オイル 輸入車

AAA MAX power 5W-50 AAA oil レガシィ

グッズ種類
オイル
商品名
AAA MAX power 5W-50
メーカー
AAA oil
購入方法
Yellow Hatで購入
愛車情報
2016年式 スバル レガシィ B4 GTスペックB 2000cc ターボ 6MT 四輪駆動
燃費向上率
平均10.1km/Lから変化なし
満足度
90点
使用感等
これまで、0W-40または5W-40を主体に使ってきましたが、最近は専ら軽負荷走行であるため、前回は燃費を考えてSUBARU純正5W-30を使い、3900kmの使用期間において、特に悪くないと感じていました。
そして、AAA 5W-50に変更したところ、エンジン回転の滑らかさに大いに差があることが判明しました。
高粘度のオイルを使うと、滑らかで静かになる一方、燃費が悪くなりそうですが、クリアランスが狭くないエンジンでは、さほど影響はないようです。
ただし、高粘度オイルが高価であることについては、ちょっと納得ができませんので、減点しました。
以前、燃費一番モニターでAAA 5W-40を使用したときに最高燃費を経験しているので、最適な粘度は5W-40のあたりかなと思っているところです。

タグ

2017年3月20日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:オイル スバル

EDGE 0W-20 カストロール プリウス

グッズ種類
オイル
商品名
EDGE 0W-20
メーカー
カストロール
購入方法
カーショップにて購入
愛車情報
2012年式 トヨタ プリウスα 7人乗リG 1800cc CVT FF駆動
燃費向上率
平均18.48km/Lが19.88km/Lに向上
満足度
100点満点
使用感等
今まで、トヨタ純正オイルを納車時から長年使用していました。
量販店にて純正と変わらない価格で、販売していましたので、試しに購入、交換しました。
このオイルは、液体チタン配合により、強固な皮膜が形成され、エンジン内部の保護、潤滑に貢献するようです。
交換時に、オイルフィルターも同時に交換しました。
交換がおわり、帰宅する時に、直ぐに体感が出来ました。
まず、エンジンノイズですが、今までより、格段に静かになり、もう一段上の高級車の様なエンジンノイズになりました。
加速時にも、回転が滑らかになり、スムーズな加速をしてくれ、高回転時のエンジン音も静かになり、高速道路では、耳さわりな、エンジン音が解消され、快適な車内になりました。
2月の真冬。外気温は出勤時には、—8度になりますが、全合成油でもあるので、低温時のエンジンスタートでね。スターターにあまり、負荷が掛かっていないように聞こえました。
燃費に関しても、2月は、日中でも、マイナスですが、上記の様な、今までに無い、高燃費の数字をはじき出ました。
これから、気温も上昇するので、どれだけ、燃費が上がるか、楽しみです。
メリットばかりでは、有りません。
デメリットとしては、通常価格で購入すると、純正オイルの1.5倍以上します。
高価なオイルを毎回入れると維持費が高騰します。
しかし、今回は、特価で購入したので、満足度は100点満点にしました。
さすが、カストロールです。

タグ

2017年3月5日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:オイル トヨタ

カストロールエッジ5W-40 カストロール クラウン

グッズ種類
オイル
商品名
カストロールエッジ5W-40
メーカー
カストロール
購入方法
実店舗のお年玉セールで3缶購入
愛車情報
1997年式 トヨタ クラウン ロイヤルツーリング JZS155
燃費向上率
高速道路平均8.5km/Lが10km/Lに17%向上
満足度
95点
使用感等
燃費の向上は80kmを高速道路を走る条件で、過去別のカー用品店のピットメニューオイルとの比較ですが、今までどんなに燃費走行をしても8.5km/Lだったのが、10km/Lは確実にでました。
これは1年間1万キロ走行での結果です。
また500kmを連続して高速道路を走る条件では、12.5km/Lから14km/Lの燃費が出ることもありました。
これは車種としても3000ccとしては良いほうだと思います。
最近またカー用品店の量り売りオイルにしたところ、片道200kmの高速の往復で8.9km/Lまで落ち込みました。
5W-40のモービル3000です。
まだ2000kmの走行ですが、6000km走行のカストロールよりもかなり悪く、アイドリングノイズも大きいので、モービルは次回は使いません。
やはり化学合成とチタン配合の影響が大きいように感じます。

タグ

2017年2月9日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:オイル トヨタ

HIGH QUALITY 5W-30 SN・GF-5 TAKUMI ハイゼット

グッズ種類
オイル
商品名
HIGH QUALITY 5W-30 SN・GF-5
メーカー
TAKUMI
購入方法
ネット通販
愛車情報
2009年式 ダイハツ ハイゼット カーゴ ターボ 4AT 後輪駆動
燃費向上率
平均13.5km/Lが、平均13.5km/Lで燃費変わらず
満足度
85点
使用感等
以前使用していたエンジンオイルと比較して燃費の向上は、ありませんでした。
しかし、オイル交換してすぐの走り出しての感じたことは、当然交換後すぐなので、静粛性の向上及び、エンジンの回転が軽く感じることが出来ました。
以前から使用していたオイルでは、オイル交換後3000km近くになると、エンジンからのノイズ(音)が大きく感じられましたが、TAKUMIのオイルでは、3000km近くでもノイズ(音)以前より小さく感じられるため、オイルのへたり具合が、長持ちしているように感じます。
3000km走行後のオイルの汚れは、しっかり黒くなっているのでエンジン内部の汚れ(スラッジなど)は、しっかりとれていると感じます。
ターボ車なので、3000kmでオイル交換していますが、コストパフォーマンス(化学合成油)は、良いので、続けて使用してみたいと思います。

タグ

2017年1月9日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:オイル ダイハツ