ホンダのアーカイブ

燃費情報

「燃費情報」では、色々なメーカーや車種の燃費の向上に関する情報をご紹介しています。
燃費を向上させる製品を「車種別」にカテゴリー分けしていますので、愛車に適した燃費の向上方法を調べることができます。

2009年式 ホンダ フィット GE6

愛車情報
2009年式 ホンダ フィット GE6
満足度
90点
燃費向上率
燃費向上グッズでありません
商品名
Tune Chip Air(Ultima)
メーカー
イーテック
購入方法
燃費一番プレゼント
グッズ種類
その他
使用感等
Air(Ultima) 2個をエアフィルターボックス上部に同じ向きに装着し、説明書通りに暖気後、レーシングしてエンジンを安定させた。
フィットGE6は、速度60kmを超えると走りの伸びが感じられイイ感じなのだが、低速・中速が非常にもたつきがあり、軽自動車や時にはトラックにさえ抜かれるほどである。
かと言って、スピードを上げようと踏み込めば、やや空回り風に回転数ばかり上がってダイレクトに走りにつながらず、その割には燃費が悪くなるという不快なCVTである。
そんなフィットGE6にAir(Ultima) 2個を装着していざ走らせてみると、確かに走りが伸びやかになった。
それは、力強さというより、ターボ的な感じの伸びやかさで、言うなれば、エアフィルターボックス上部にAir(Ultima) を装着したことで、酸素の供給がよりスムーズになりエンジンの爆発(燃え方)が効率的になったのではないか?という個人的な見解である。
ただ、もたつきが軽減し、走りが伸びやかになったことで、逆に燃費はほんの少しではあるが悪くなってはいる。
しかし、少しでも、愛車の走りを良くしたいのであれば、このAir(Ultima) は試してみる価値はあると思う。

タグ

2018年4月16日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:ホンダ

2012年式 ホンダ フィット ハイブリット 1300cc FF

愛車情報
2012年式 ホンダ フィット ハイブリット 1300cc FF
満足度
100点
燃費向上率
15.3km/Lが18.1km/Lに向上。約18.3%燃費が向上
商品名
Air(Ultima)4枚組
メーカー
イーテック
購入方法
燃費一番プレゼント
グッズ種類
その他
使用感等
初代フィット・ハイブリッドです。
家族のクルマになります。街乗り専用車。高速道路は、ほとんど乗らないです。
エアフィルターへの取り付けですが、側面を避けて上面に4個を全て同じ向きになる様にしました。
裏面の両面テープ剥離紙を剥がして貼り付けです。
感想ですが、
(1) トルクが、ず太くなった!
街乗りオンリーですが、今まで時速40km〜時速50km程度で、廻りの巡航速度に合わせる走行では、アクセルの微調整が常に必要で、ラフなアクセル操作は皆無でした。
トルクの細さが原因だったからか、常に右足を動かしている印象でした。
自分が乗用している「アルファード2400cc」に比較しても、右足の動作回数が多かったです。
フィットへ「Air(Ultima)」を付けた後は、全域でトルクが厚くなりました。
特に一番使用する1000〜1500回転辺りのトルクが厚く太くなり、良い意味でラフなアクセル操作で街乗りが出来るようになりました。
かなりのストレス負担減です。
素晴らしい!
(2) 水飛沫(しぶき)に驚き!
吸入した外気に作用させて、ガソリンとの完全燃焼に近付いた証拠なのでしょうね。
あんなに沢山の水飛沫が出たのが驚きでした。
(3) 燃費にも変化あり!
家族がメインで使用してるために、自分と違って燃費に特化した使い方をしていません。
暖気を20分くらいしてから出掛けたりしてるし。
こんな使い方のクルマで、トルクが厚く太くなって乗りやすくなり、燃費も向上するなんて、凄過ぎるよね!
純正燃費メーターで、取り付け前に282.3km走行、15.3km/Lだったのが、取り付け後に276.3km走行して、18.1km/L。
ざっくり、18.3%の燃費向上になりました。
昔からホンダ車は、燃費向上グッズ効果が期待出来ないメーカーだと言われてました。(理由は判りませんが)
そのホンダ車が、このような目に見えた違いを出すなんて!
凄い商品だと思いました。
以上が、モニターさせていただいた感想です。
とても素晴らしい商品をモニターさせていただきまして、感謝いたします。

タグ

2018年4月8日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:ホンダ

2013年式 ホンダ N-ONE NA FF 5AT

愛車情報
2013年式 ホンダ N-ONE NA FF 5AT
満足度
80点
燃費向上率
16.9km/Lが18.0km/Lに向上、約6%アップ
商品名
ピークリップ SP(燃料ホース用2個/エアコン用1個/合計3個セット)
メーカー
GTKファクトリー
購入方法
燃費一番プレゼント
グッズ種類
その他
使用感等
燃料ホースに3個装着。
装着もタイラップ固定の手軽さ。
装着の翌日にトルクアップを感じた。
燃費計もいつもより1km/L以上のアップしてコスパいいです。
装着もお手軽簡単で気に入りました。

タグ

2018年4月7日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:ホンダ

2008年式 ホンダ ライフ 660ccターボ 4AT 4WD

愛車情報
2008年式 ホンダ ライフ 660ccターボ 4AT 4WD
満足度
80点
燃費向上率
雪道で9km/L以下の燃費が10km/Lを超えた
商品名
パワーフィルター2
メーカー
モンスター
購入方法
ネット通販
グッズ種類
吸気系
使用感等
他のメーカーでの純正交換型高効率エアクリーナーが販売されてないのでこれを購入。
湿式ということでメンテナンスクリーナーも含めの購入になり、結構割高な買い物でした。
交換は簡単ですが、湿式で薄いのでダスト補足にちょっと不安を持ちました。
交換後、エンジンの吹け上がりが悪化しましたが、200kmほどドライブしたところ学習での補正ができたのか吹け上がりは改善。
燃費も雪道の街乗りで9km/L以下と軽とは思えないほど悪化してるものが、10km/Lをなんとか超える程度にはなりました。
またブーストについては向上が確認できました。
0.8までが最高でしたが、あっさりと0.9が出るようになり、加速が良くなったのが、体感だけでなく数値でも確認できています。
メンテナンスが面倒というのもあって点数は割り引いていますが、メンテナンスキット込みで4000円位ならありがたいと思う商品でした。

タグ

2018年3月20日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:ホンダ

2009年式 ホンダ ステップワゴン スパーダ RG1 2000cc

愛車情報
2009年式 ホンダ ステップワゴン スパーダ RG1 2000cc
満足度
90点
燃費向上率
5.5km/Lが6.0km/L、約10%アップ
商品名
GTK-III/HSP
メーカー
GTKファクトリー
購入方法
燃費一番プレゼント
グッズ種類
その他
使用感等
燃費はまだこれから本格的に計測が必要ですが、体感して変わったこととしては、
(1) エンジン音が静かになった。
(2) アクセルをふむとリニアにトルクアップ感が伝わってくる。
(3) 静電気が少なくなった。
他のかたの投稿みて効果あった!とたくさん書かれていましたが、本当に効果でるのか半信半疑でしたが体感して違いがでたのはビックリしました!
自分はエンジンヘッドに2枚貼り付けしました。

タグ

2018年3月17日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:ホンダ

2009年式 ホンダ フィット GE6 7.8万km走行

愛車情報
2009年式 ホンダ フィット GE6 7.8万km走行
満足度
0点
燃費向上率
主に毎日通勤のための市街地走行で、信号等での停止が多い近距離走行(一日20㎞以内)での燃費向上は見られなかった。中・遠距離では検証していない。
商品名
ガストリートメント
メーカー
KURE
購入方法
店舗(イエローハット)
グッズ種類
オイル添加剤
使用感等
フィットGE6は市街地走行での燃費がとても悪く、冬場は11.6〜12.6㎞/L、夏場は12.8〜13.6㎞/L程度。
多少なりとも燃費を向上させようと、KUREの燃料添加剤を2本試してみた。
満タン時に1本を、2度連続して使ってみたが、吹け上がり、加速感、実燃費、いずれもほとんど変化を実感できなかった。
購入したことを後悔した。

タグ

2018年3月11日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:ホンダ

2013年式 ホンダ フィット シャトル ハイブリッド スマートセレクション 1300cc CVT

愛車情報
2013年式 ホンダ フィット シャトル ハイブリッド スマートセレクション 1300cc CVT
満足度
100点
燃費向上率
18km/Lから20km/Lに向上
商品名
快速チップ
メーカー
株式会社柳井魚市場
購入方法
燃費一番プレゼント
グッズ種類
その他
使用感等
燃費向上には最適な商品だと思います。
他の燃費向上グッズとして、シエクルのレスポンスリングとイーテックのcenter-X102を装着しています。
使用状況としては走行距離68000kの車体。通勤(片道15km)とレジャーが主な感じとなります。
1か月装置状態での平気燃費は燃費計の表示で約20km/Lです。(エアコン26度のAUTO設定。装着前も同設定)
装置前状態の平気燃費が18km/Lだとすると、かなりの改善率だと思います。
装着場所は冷却水のリザーバータンク内にステンレス針金で吊るす方法を採用しました。
ただ、自宅がある場所が郊外の開けた場所で坂道が少なく信号が少ないので、都市部のオーナー様の参考にはならないかと思います。
走行フィーリングや車体の剛性感などは、変化を感じられないため変化無しとします。
対費用効果は高いと思います。
商品にも詳しい取り付け方法のマニュアルも付属し、車に詳しくない初心者や初めての燃費改善商品を使う方にも取っつきやすいと思います。

タグ

2018年3月1日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:ホンダ

2017年式 ホンダ ステップワゴン RP3

愛車情報
2017年式 ホンダ ステップワゴン RP3
満足度
100点
燃費向上率
平均9.1km/Lが10.2km/Lに向上
商品名
Carbo Nizer CN-101
メーカー
AMA
購入方法
オークション
グッズ種類
吸気系
使用感等
直噴ターボはカーボンなどがたくさんバルブなどに付着するので、定期的にrecsしようと思ってましたが、このCarbo nizerはrecsでは綺麗にできないスロットルにも効果があり霧状にして噴射させることによって、各気筒にまんべんなく行き渡るということで試してみました!
エアクリからスロットルに行くインテークパイプを外して注入チューブを使い施工…施工後はアイドリング安定や加速向上などエンジンが気持ちよく回りました!
定期的に施工すれば直噴ターボにありがちな、カーボンによるアイドリング時のエンジンストールなども回避できそうなので、車検ごと位にやっていきたいと思います。

タグ

2018年2月26日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:ホンダ

2012年式 ホンダ N-BOX カスタム Gターボ 660cc ターボ CVT 4WD

愛車情報
2012年式 ホンダ N-BOX カスタム Gターボ 660cc ターボ CVT 4WD
満足度
50点
燃費向上率
なし
商品名
X-ICE3(スタッドレスタイヤ)
メーカー
ミシュラン
購入方法
店頭購入
グッズ種類
その他
使用感等
X-ICE2から履き替えました
一応燃費なども改善されているということでしたが、履き替えフィールも含め全然変わった気がしません。
軽サイズはX-ICE3+が出てないので仕方ないのですが、2と3、3+では燃費という視点では全く変わってないと思われます。

タグ

2018年2月19日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:ホンダ

2005年式 ホンダ ストリーム 2.0 RN5 アブソルート

愛車情報
2005年式 ホンダ ストリーム 2.0 RN5 アブソルート
満足度
80点
燃費向上率
平均9.0〜9.5km/L前後で変わらず
商品名
ムーアタッチメント
メーカー
GCM岡山
購入方法
燃費一番プレゼント
グッズ種類
その他
使用感等
燃費一番プレゼントで当選したので、感じたままインプレッションします。
先ず、メーカーのホームページで拝見。
車のバッテリー端子に取り付けると(ロングナットです)、(1) 車の電磁気のバランスの歪を修正、(2) 車の始動性、(3) バッテリー性能の向上、(4) 振動の軽減、(5) 静電気の抑止、(6) 音響向上、(7) ドライブフィーリング゛等の向上。また、(8) 運転中にネガティブな想念を受けない。
との事ですので、(1) 〜(8) を感じたままでのレポートです。
(1) 正直分かりません。効果あり、なしではなく、そもそも電磁気のバランスの歪みそのものが分からない(感じた事が無い)のでコメントできません。
(2) 車の始動性については、元々バッテリーが新しいので変化なし。ある程度劣化したバッテリーなら、体感できたかもしれません。
(3) これも(2) 同様です。
(4) これは比較的分かりやすかったです。と言うのもオイル交換前だったので、付けてからは、オイル交換した後に似た感覚です。
12万キロを超えた車なので、振動はそれなりに感じていたので少しびっくりです。
(5) すいません。これも元々「イオンバランサー激」と「オービトロンパワーモジュール」を装着していたため、追加効果はわかりません。
(4) の効果からすると、何も付けていない車であれば効果があるかと思います。
(6) そもそも、ラジオメインんですので評価できません。
(7) 上記でも書きましたが、アイドリング時に感じた事に加え、体感上ですが滑らかに加速する感じが高くなっています。フィーリングなので書くのが難しいが、間違い無く向上しています。
(8) 全く分からず。
以上が感想ですが、80点の高得点にしたのは、車の基本性能(振動軽減、ドライブフィーリングの向上)向上が間違いなくあったからです。
劇的に変わるわけでは無いが、この小さな変化は長距離、長時間運転の時にはありがた変化であり、また、この手の商品は慣れてくると体感が薄れてくるものが多いが、装着後いまでも体感することが出来るのが少し不思議な感じです。

タグ

2018年1月27日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:ホンダ