燃費

燃費情報

「燃費情報」では、色々なメーカーや車種の燃費の向上に関する情報をご紹介しています。
燃費を向上させる製品を「車種別」にカテゴリー分けしていますので、愛車に適した燃費の向上方法を調べることができます。

2014年式 三菱 パジェロ エクシード ディーゼル

愛車情報
2014年式 三菱 パジェロ エクシード ディーゼル
満足度
100点
燃費向上率
燃費向上グッズではありません。
商品名
エアフィルター
メーカー
K&N
購入方法
インターネットショッピング
グッズ種類
吸気系
使用感等
専用洗浄液とフィルターオイルで何度でも洗浄、再利用が可能です。
値段的にちょっと高価ではありますが、長い目で見ればコスパは高いと思います。
純正フィルターに比べて明らかにアクセルレスポンスは向上しますし、燃費も僅かではありますが向上します。

タグ

2021年5月27日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:三菱

2016年式 BMW X5 F15 35IMスポ

愛車情報
2016年式 BMW X5 F15 35IMスポ
満足度
100点
燃費向上率
5.5km/L→7.3km/L、約30%向上
商品名
SEVほか
メーカー
SEVほか
購入方法
ネット購入等(前車からの引継ぎメイン)
グッズ種類
その他
使用感等
2019年9月購入のBMW X5 35iMスポへ2020年8月までのグッズ取付と燃費変化を前回燃費一番サイトに報告しているので、その続きの20年9月以降分の(2)です。
前回19年9月〜20年8月までの取付グッズはSEV AL(各ショック)、SEV ホイール(4枚×4輪)、SEV sブロック×4、SEVセンターオン、 チューンチップ剛性系チップ多数、チューンチップダンパー×4、チューンチップフロアスタビ×4、GTKスタビクリップ×4、rossam4300×1と2150×2、puma ウルトラ cmax-Rとcmax、MP3000 、fuelbank EvoII×2、e@tech BLB×7、SEV fuel5連、SEV インテーク×1、SEVエグゾースト×3、geiger-r ハヤブサ、mp3000EX×2。燃費の変化は5.5km/L→7.0km/Lで27%向上
●2020年9月〜
・取付グッズ
(1)e-force foot (2)パルエボベーシック
・取付位置
(1)ショックほか (2)フロントアッパーマウント付近
・燃費効果
1ヶ月約1200km走行で前回7.0km/Lから7.4km/Lに向上。
・所感
足回りはスプリングだけH&Rに交換、ショック、スタビにはオカルトグッズを多数取り付けているが、まだフワフワする腰高感のある乗り心地の改善を目指してアライタイヤでe-force footを施工。施工帰路の厚木インター入口のRの強いカーブでロール無くアクセル踏めて路面に吸い付く感じや、高速の速度感が20〜30km低く感じられる直進安定性の向上など、e-force はこれまで知ってるオカルトとはレベルが異なる効果で凄すぎ。リジカラ 装着時より体感効果有りで、X5のフワフワの腰高感を解消したい方にぜひオススメ。パルエボベーシックは車体のガッシリ感が出てリーズナブルなのに効果良好。
●2020年10月〜
・取付グッズ
(1)SEV ラジエーター(初期モデル×2、R1、R2) (2)パルエボステージII
・取付位置
(1)ラジエターアッパー、ロワホース (2)ドアヒンジ部
・燃費効果
SEVラジエーター取付直後にそこそこ渋滞の平日昼間の246号渋谷〜鷺沼間の約10km弱走行した燃費が9km/Lで、これまで見たことのない燃費がオンボードに表示されたので、もしかしたら今月8km/L台到達かも?と期待したが、最終的には1ヶ月約900km走行で前回7.4km/L→7.7km/Lに向上。
・所感
SEV ラジエーターはアクセル深く踏まなくてもこれまで以上に走る低速トルクの感じが、靴底が2cm増したような分厚くなった感と、パルエボステージIIは車体の剛性感と併せてエンジンがトルク?エンジンの厚みのような、重たい感じ?になってクルマの重厚感が増した感じ
●2020年11月〜
・取付グッズ
(1)SEVヘッドバランサー×6(p1×2、p2×2、v1、h1) (2)SEV bigパワーインテーク
・取付位置
(1)エンジンヘッド (2)エアインテーク
・燃費効果
一般道のみで6.8km/Lから、月末の千葉往復のアクアライン使用で、最終的には1ヶ月900km走行、前回7.7km/L→7.3km/Lに悪化。ヘッドバランサーで悪影響か、10月御殿場往復高速比率20%に対し、11月アクア往復高速比率15%(渋滞多し)のせいなのか不明
・所感
ヘッドバランサー取付でアクセルに軽く足を乗せて1500回転からのパワーが溢れる感じになったが、旧製品とはいえ6つも付けたのに・・・な感じでおなか一杯感あり。SEVインテークは元々付けていた通常タイプからbigへの交換で変化は感じず。
主幹ですが効果が顕著で判りやすかったのは(1)e-force foot (2)チューンチップBLB (3)sev ラジエーター でした。
e-force はオカルトグッズの域を超えた変化が感じられ別格感あり。
その他にも付けた途端に変化が感じられたのはsev sブロック、sev吸排気系、パルエボ(コスパ的にも)、イーテックの剛性系チップ等も効果の安定感ありました。
取付位置が悪いのか、重量車には効きにくいのか、前車で判り易かったsevセンターオンとチューンチップフロスタは変化感じにくく。
ノーオカルト状態の半年間5.5km/Lと比べると11月末の7.3km/Lは30%強の燃費改善になっており、年間9千km走行、150円/Lの条件で燃費改善効果が6万円/年とすれば、取付けたグッズの購入に幾らかかってるか覚えてませんが何年かでは回収できそうです。
但し前車からの引継ぎグッズばかりで新たなコストは殆ど発生していないので前車で回収済みと思えば、燃費改善年間6万円だけでなくクルマのパワー感、乗り易さ、車格が上がった感じなどもプラスで楽しめてます。

タグ

2021年5月27日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:輸入車

1998年式 ホンダ インテグラ タイプR 5MT

愛車情報
1998年式 ホンダ インテグラ タイプR 5MT
満足度
90点
燃費向上率
平均9.5km/Lから10.0km/Lに。5%程度の向上。
商品名
スーパーゾイル ECO
メーカー
スーパーゾイル
購入方法
インターネットショッピング
グッズ種類
オイル添加剤
使用感等
従来タイプのスーパーゾイルの半量の5%添加で効果を発揮する。
エンジン内部の金属表面に作用、改質する事でフリクションロスを減らし非常に滑らかなエンジン回転フィーリングとなりエンジン音も静かになる。
即効性もあるがジワジワ遅効性がメインの作用で添加後1000kmくらい走行するとさらに、滑らかで静かな気持ちのよいエンジンとなる。
従来品のスーパーゾイルよりコストパフォーマンスが改善されたが、もう少し安いとありがたい。

タグ

2021年5月25日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:ホンダ

2007年式 スバル レガシィ ツーリングワゴン

愛車情報
2007年式 スバル レガシィ ツーリングワゴン
満足度
80点
燃費向上率
10.1km/Lから10.3km/L
商品名
チューンチップ
メーカー
イーテック
購入方法
燃費一番プレゼント
グッズ種類
その他
使用感等
まだ調整中ですが、フロントドアのヒンジの所とリアドアののノブのフレームの所に付けています。
付ける場所で乗り心地や安定感が変わります。
13万キロオーバー走っていますが、安定しています。
燃費は誤差範囲かなと思います。

タグ

2021年5月22日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:スバル

2016年式 マツダ アクセラ 22XD L-package 6MT AWD

愛車情報
2016年式 マツダ アクセラ 22XD L-package 6MT AWD
満足度
50点
燃費向上率
変化なし
商品名
アドパワー ディーゼル用
メーカー
冨澤物産
購入方法
ネットショッピング(Yahoo!ショッピング)
グッズ種類
吸気系
使用感等
既に燃費向上グッズ盛り沢山装着の為か、燃費効果は全く無し。
取り付けは非常に簡単。
排ガスが綺麗になるようだが、素人では比較しようがないため、判断できず。

タグ

2021年5月21日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:マツダ

1998年式 ホンダ インテグラ タイプR 1800cc 5MT

愛車情報
1998年式 ホンダ インテグラ タイプR 1800cc 5MT
満足度
95点
燃費向上率
平均10.0km/Lが10.5km/Lへ、5%向上
商品名
パルスエボリューション for ステージII
メーカー
パルスエボリューションcom.
購入方法
燃費一番プレゼント
グッズ種類
その他
使用感等
パルスエボリューションcom.のチップは2cm四方くらいの小さなチップ。
推奨取り付け箇所はAピラー下部という事で、こんなにエンジンから離れたところで効果があるのかな?と疑問に思いつつも推奨箇所に取り付け。
不思議な事に取り付け直後からエンジンのトルク感が増した。
乗り心地と少し引き締まった感じ。他社製品より効果は高い。
パルスエボリューションの製品は、さらに効果が高いステージやエンジンのどの回転域のトルク感を向上させたいかでベース、ミドルレブ、ハイレブと種類が分かれていて相乗効果が生まれるところがおもしろい。
ただいま買い増し中ですが、毎回どんどんトルクアップしてクルマが気持ちよくなります。

タグ

2021年5月20日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:ホンダ

2008年式 ホンダ ライフ DIVA ターボ 660cc 4WD 4AT

愛車情報
2008年式 ホンダ ライフ DIVA ターボ 660cc 4WD 4AT
満足度
95点
燃費向上率
14km/L台が16.2km/Lへ向上
商品名
極オイル 5W-30
メーカー
株式会社TKS
購入方法
ネット通販
グッズ種類
オイル
使用感等
純正鉱物オイルから全化学合成オイルに変更。
価格がほとんど変わらない代わりに、メーカーが全く無名ともいえるので一種のかけだった。
使用してわかったのは、軽にしては元々静粛性は悪くなかったエンジンが明らかに更に静かになったこと。
街乗りレベルでも燃費は伸びてきているが、100kmくらいのドライブで一番伸びを感じられる。
車齢から化学合成によるオイルにじみや漏れも心配しましたが、今のところ問題はなし。
価格とのバランスはかなり良いオイルである。

タグ

2021年5月19日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:ホンダ

2020年式 トヨタ RAV4 PHV BlackTone

愛車情報
2020年式 トヨタ RAV4 PHV BlackTone
満足度
100点
燃費向上率
燃費向上目的の装着ではありません
商品名
GTK-III h/HSP
メーカー
GTK ファクトリー
購入方法
楽天
グッズ種類
その他
使用感等
プレゼントインプレはすでに済ませていましたが催促メールきたので、燃費向上グッズとしてステルス装着後に、余っていた購入品のGTK-IIIをフロントストラットに追加装着したインプレを書きます。
プレゼントでいただいたGTK-IIIの横に追加で装着。これが、乗り心地とハンドリングに更なる変化をもたらしました。
まず、乗り心地ですが、フロントはもはやベルベットロード状態というか、舗装の悪い田舎道でもタイヤが路面をしっかりとらえながらショックは皆無で、音もさらに静かに。
おかげでリアのノイズが気になるようになっています。
ハンドリングは軽いながらも、精度の高いもので、これなら無理してスポーツモードで重めにする必要もない感じです。
フロントストラットに片側2枚でこの効果。
どこぞの1台分8万円以上するディバイスより効果があるかもしれません。
ひとつ難点は、装着後、ブレーキが鳴くことです。
これも効果が足回りまで届いている証拠ですが!!

タグ

2021年5月17日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:トヨタ

2019年式 日産 デイズ ハイウエィスター 660cc CVT FF

愛車情報
2019年式 日産 デイズ ハイウエィスター 660cc CVT FF
満足度
100点
燃費向上率
変化なし。
商品名
カラーゼオライト 小粒200g
メーカー
ダイソー
購入方法
店頭
グッズ種類
吸気系
使用感等
ダイソーで売っている園芸用のゼオライトです。
「カラーゼオライト 小粒200g」と書いてあります。
約30gを流しで使うネットに入れて、エアクリーナーボックス1次側にいれました。
エアクリーナーボックスには、すでにサンゴ石を入れていますがスペースがないので、サンゴ石を取り出してゼオライトを入れました。
フィーリングは、中低速トルクがアップしてスピードのノリがよくなりました。
気を付けないとすぐに法定速度を超えてしまします。
CVTなので以前より低回転で同じ速度が保てます。
サンゴ石と入れ替えても、経費は数十円、手間も大してかからず、燃費がダウンせず、トルクが上がったので100点です。

タグ

2021年5月13日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:日産

2009年式 トヨタ マークX 300G Sパッケージ GRX121 3000ccNA 6AT 2WD

愛車情報
2009年式 トヨタ マークX 300G Sパッケージ GRX121 3000ccNA 6AT 2WD
満足度
90点
燃費向上率
平均11.25km/Lから11.54km/Lに向上
商品名
GTKスクエア
メーカー
GTK FACTORY
購入方法
燃費一番プレゼント
グッズ種類
その他
使用感等
GTK FACTORY様の新しい製品「GTKスクエア2個」を、モニタープレゼントで頂きましたのでレポート致します。
MH23SワゴンRスティングレーに取付ける目的で応募致しました。
当選時は購入した別のGTKーFUCTRY製品をモニターしておりましたので、GRX121マークXにて先行モニターさせて頂きました。
マークXは月間1500km、ワゴンRは600kmですのでマークXの方が短期的にモニターの結果が出せます。
ワゴンRでは、最低約1ヶ月/600km走行してレポートさせて頂いております。
本命のワゴンR取付け前にマークXにてモニターを行うことで、2車種でのモニターデーターを報告させて頂いております。
2車種の結果を報告する事で、皆様のご参考になればと思っております。
<製品の特長>
GTKスクエアは、軽量タイプオールアルミダイキャスト製であり、住友3MのGTK特注の耐熱両面テープにて取付けます。
冷却は表面積の8倍の効果、耐熱性は、反射熱200℃になります。
使用用途としては、「オイルパンや、デファレンシャルやミッション、又各モーターや各補器類、さらにはバイク等々への取付けを目的としているそうです。
※注意事項として、ブレーキキャリパーへの施工は接着の接着率が確保できず湾曲した場所えの施工はそのままでの装着は不向きとしています。
※エンジンオイルパン、またATオイルパン等の施工には、オイルの滲みの場所は不適切にて避けて施工場所を確保するように指示があり、耐熱塗装、両面テープがオイルにより溶ける可能性も有ります。
※施工場所はフラットな場所に限りますが、それ以外の場所ではDIY的な加工や作業が必要になる事を注意しております。
<モニター報告>
先行モニターとしますので、インテークパイプの中間部分とサージタンクの分岐前の部分に仮止めにて設置を行いました。
導入空気改善系により更なるレスポンスと燃費向上できるかを確認します。
前回のピンポインターKingは、GTパーツとしてエアークリーナーBOX上に3個取付けたままです。
よってGTKスクエアの性能分だけ導入空気改善により効果があったかが解ります。
60km/1300rpm以下の環境での走行に改善が見られました。
定速クルージングしている1100〜1300rpmでの速度帯においてよりスムーズな走行を行っていると感じました。
導入空気系での改善は、アイテム増やす度にこの定速部分が改善/向上するのを体感できます。
今回のGTKスクエア取付けにより60km/1100rpmでの走行が多くできるようになったと思う。
アクセル踏むとスクエア取付け前にくらべて、少し重くなった感じになりました。
ピンポインターKing取付け時には軽くなった感じがしたのですが、今回はレスポンスよりトルクの方が向上した感じと思われます。
そのおかげでアクセルワークが微妙に調整しやすくなったと思っております。
もちろん高速クルージングやスポーツ走行時等でも、アクセルワーク次第で燃費走行とパワー走行を体験できます。
高速道では、定速100km/h等で、取付け前より100〜200rpm回転数が下がって走行出来ています。そのために燃費も向上してます。
燃費の移行については、スクエア取付け前の平均11.25km/Lから取付け後の平均11.54km/Lに向上しました。
今後は、ピンポインターKingを音響パーツとして取付け直し、スクエアをワゴンRに取付け直すので燃費が落ちる(戻る)と思います。
そのために異なるアイテム導入で、さらなる性能向上を目指します。

タグ

2021年5月12日 | コメントは受け付けていません。 | トラックバックURL |

カテゴリー:トヨタ